アトリエ関連の事務スタッフを募集中です

GMOペパボ株式会社の採用情報にて、「minneのアトリエ 」関連業務のアルバイトスタッフ募集を開始いたしました。

 

諸条件は募集ページ記載の通りですが、どんな雰囲気の職場か、仕事か、少し書きたいと思います。

 

職場は、セルリアンタワーの13階にあり、ワンフロアまるっとGMOペパボのフロアです。

晴れていればお手洗いから富士山が見えるし、執務スペースからは東京タワーもスカイツリーも見えます。

世田谷のアトリエに来たことがある方は、本社に入ると大抵びっくりされます。あんまりほっこりした空間ではないので^^;

minne事業部のスタッフは、フロアの一部に固まって席があり、毎日業務にあたっています。

 

今回募集するのは、

世田谷と神戸のアトリエに関する事務作業を担当していただくアルバイトスタッフです。

欠員補充ではなく、増員です。

 

増員することになった一番の理由は、「アトリエスタッフが作家さまとお会いする時間を増やすこと」これに尽きます。

これまで、両アトリエで開催する勉強会、ワークショップ、セミナー登壇、世田谷パン祭りなどのイベント出展、

企画から運営まで、基本的にアトリエスタッフで実施してきました。

もちろん一部業務は本社スタッフもお手伝いいただいていましたが、基本的に自給自足(?という表現が正しいのかは謎)です。

 

もうすぐ運営開始2年が見えてきたこの時期、もっとやりたいこと、実現したいことも具体的になってきました。

 

アトリエは、月曜日以外毎日オープンしています。

私は平日勤務、ゆりちゃんが土日含め週5勤務なのですが、私は本社とアトリエを行ったり来たりしつつ、外出したり出張してセミナー登壇したりすることもあるので、二人でアトリエにいる時間はそんなに多くありません。

 

神戸も4月にオープン以降、利用者さまが増えている状況ですので、世田谷と神戸を支えてくれる仲間をふやしてアトリエの支援活動をより良いものにしたい!という結論に至った次第です。

 

スポットライトをあびるのは一人ひとりの作家さまですので、サービス運営スタッフは想像以上に地味で地道な仕事です。

ただ、私はサービス運営の仕事が辛いところも含めて大好きです。

とびきり楽しいこともありますし、血圧が急上昇することもある。ひたすら念仏を唱えながら大量の作業をこなすこともあります。

twitterで求人募集の告知をしたところ、予想以上のリツイートなどをいただき、反響の大きさに大変驚いております。

ひょっとしてひょっとすると、もしかしてたくさんご応募いただいているような状況だと、

数日で募集を終了する可能性もあります。

 

応募しようかなあ、という方は、とりあえず応募してから考えていただいても良いと思います。

締め切ってしまうと、どうにもできないので。

 

アトリエ関連の事務スタッフ以外にも、様々な職種でスタッフを募集しております。

ご興味ある方、ぜひ他の職種も含めご検討いただけると嬉しいです。

 

▼GMOペパボ株式会社 採用情報

https://pepabo.com/recruit/career/#jobs

 

ときどきは世田谷のアトリエで一緒にお仕事することになると思います。かわいいスペースでお待ちしております。

 

 

さらに、

ペパボでは、2018年度新卒採用もやっています。就活生もぜひどうぞ!

 

 

問題を解く前に答え合わせは出来ません

minneの担当になって以来、1000名を超える作家さまにセミナーや勉強会、個別相談でお会いすることができました。

 

minneのアトリエには、様々なお悩みを抱えた作家さまが日々お越しになります。

 

 

「それぞれなので、これが正解っていう売り方はないです。」

 

というお話をよくさせていただくのですが、

1000人の作家さまがいれば1000通りの売り方があると思っています。

 

1000人の方々が、同じレベルで「売りたい!」と思っているわけでもありません。

家事や子育てを中心に、一週間のうち2時間だけ、自分の時間を使って作品制作に携わりたい、という方。

今の作家活動を基盤に、この先10年以上は生計をたてたい、という方。

 

作品を販売するにあたっての様々な壁に対する「正解」が転がっていることなんて残念ながら無いです。

まずは自分で問題を設定し、問題を解いていきましょう。

問題を解かないと、答え合わせもできません。

 

さらに、答え合わせは、自分の目標に達成できたかどうか、が全てです。

周囲からのアドバイスを「正解を教えてもらった」と誤解しないようにしたいところです。

 

minneのアトリエでは、問題の作り方、解くときの取り組み方について、日々作家さまと一緒に考えています。

「答えを出すのはご自身ですよ」といつもお話ししていますが、

もうちょっと具体的にこの事をお伝えしたいなあ、とおもって、今日のブログになりました。

 

 

かえってややこしくなったかもしれない。

 

 

迷走したらタイムライン巡回はお休みしてツイートアクティビティを眺めましょ

私は2010年6月にtwitterアカウントを作ったのですが、

長らくほぼ放置しており、minneのアトリエの担当になってからポツポツ使い始め、

たまにつぶやくけど眺めるだけの期間を経て

今のペースで使うようになったのは去年の6月くらいからです。

アトリエを1年運営して、一通りの行事をこなして、さあ次ってタイミングだったと思います。

 

twitterでの次の目標が見えたら並行して新しいことを・・・と思っていたので、今年はブログを書いています。

 

私のしょーもない話ですが、

SNSをついずーっと眺めてしまって気づいたら2時間たってた、なんてこともあります。

疲れている時ほどこんなことになりがちで、

時々徳の高い方のありがたいツイートとかが流れてきてはクリックし、

徳の高い方はいうことが違うなーとか思い。

こんなことしてるなら洗濯物畳んだらいいのにねえ。

わかってるんだけど動けないんですよねえ。

 

そんな抜けにくい沼地から自力で脱出したい時におすすめなのが、

時々「twitterアナリティクス」を見る、という方法です。

「twitterアナリティクス」とは、アクセス解析のことです。

 

 

何事も「目的を見失わないこと」が重要〜〜〜〜〜〜!

と、常々お話しておりますが、

「twitterアナリティクス」を見ると、結構な発見があります。

 

「twitterアナリティクス」は、ブラウザのtwitterを開き、

検索ボックスの左にある自分のアイコンをクリックすると、いろいろメニューが出てきて、

その中に「アナリティクス」があります。

 

「アナリティクス」を見ると、

自分で考えていた目的に近しい結果を得られているかどうかが、いろんな数字から確認することができます。

 

普段からアクセス解析を見慣れていない方には聞きなれないワードもたくさんあるかと思いますが、

検索すればなんでも出てきますので一つずつ単語は覚えていきましょう。

 

月に一回くらいでも良いので、

アナリティクスの「ツイート」を眺めると、

今月はどんなツイートが人気だったとか、

作品の宣伝内容をもうちょっとここ工夫しよう、とか、

課題が見えてくるのでとってもオススメです。

そんなわけで、私のアナリティクスの一部を晒します。

 

 

▼2015/12/1〜31 のインプレッション数。

この頃のフォロワー数は200ちょいだったと思います。

 

 

 

▼2016/12/1〜31 のインプレッション数。

フォロワー数は600台。

minneの記事に出させていただいたり、いろいろ動きがあったので、それに合わせてツイートしていました。

 

 

 

いつも見てくださってありがとうございます!