お買い物の向こう側

※今日のお話は「週末にディズニーシーに行って、ぬいぐるみを買ったら泣いてしまった」という超個人的な話です。

 

 

年に一度くらいのペースで家族でディズニーランドかシーに行っています。
早めのランチの後、夫と息子がトイレに行っている間にふらっと入ったショップで、しらないキャラクターのうさぎのぬいぐるみに妙に惹かれて、眺めていました。


そのぬいぐるみは、通常版とディズニーランド35周年記念モデルがあり、記念モデルは一回りちいさくて豪華な衣装を着ていました。


そこに夫と息子が合流。
「このぬいぐるみが欲しくて迷ってるんだけど」というと
「あなたがぬいぐるみ欲しいっていうの珍しいね。いいんじゃない?」と、意外にも肯定的な反応。


普段から夫は私の買い物にはほぼ口出ししないのですが、なぜだかぬいぐるみは反対されるんじゃないかと思っていたのでちょっとだけ驚く。
後から考えると、ぬいぐるみ=道具としての用途がないもの という思い込みから「買わなくていいもの」と信じきっていたのかもしれない。

 

「そう?買っていい?これ、35周年モデルがあって、こっちのほうが小さくて・・・でも私、大きい普通のやつのほうが好きで・・・」というと、
「好きな方にしたら?」とだけ言って、タバコを吸いに再度外に出て行ってしまった。


私の元に残された息子はそんな私たちのやりとりを見ながら、

別の猫のぬいぐるみを抱え「僕はこれが気持ちいいとおもうなあ・・・」と白いふわふわのしっぽを撫で回している。

 

私は限定品に弱い。
息子はうさぎじゃなくて猫を欲しがっている。


この条件下では、普段の私なら限定品か猫を購入するパターンが多い。
なのに、この時はどうしても普通のうさぎを手放せず、夫が戻ってきたところで意を決して、しっかりと顔形を選んで、レジの列に並んだ。

 

 

レジのかわいらしいお姉さんは私に「すぐに抱っこして行かれますか?」と聞いてきた。
その質問に意表をつかれた。
ぬいぐるみを抱っこして歩いているお客さんの姿はたくさん見ていて認識しているのに、
自分がその選択を迫られることになるとは思っていなかった。
自分がぬいぐるみを持って歩いて許されるのか・・・?と考えると、とても悪いことをしている気持ちになりつつ「はい」と答えた。
小心者なので、「ふ、袋もください」とお願いした。
お姉さんは笑顔で丁寧にタグを取り外してくれた。

 


こうして私はうさぎのぬいぐるみを小脇に抱えて、店から出た。


うさぎのぬいぐるみは、うすいラベンダー色で、ベビーピンクの耳に、水色のサテンのシュシュがついている。
並んでいたぬいぐるみの中で一番ガーリーだった。
子供のころから、ボーイッシュな服を着せられて、ガーリーとは無縁な生活を送ってきた私には
恥ずかしすぎるくらいかわいらしいデザインだ。
心の中で「これがいいなあ」と思ったものも「私には甘すぎるな」と思って、選ぶことはなかったテイストだ。


ぬいぐるみ愛好家の息子が隣を歩きながら「お母さんだけ買ってずるい」というちょっとした嫉妬の目で、私を見ている。

息子と手をつないで、反対側の腕にはうさぎのぬいぐるみを抱えて歩いていたら、あまりにも幸せな気持ちに包まれすぎて泣きそうになった。
泣きそうになった状況に自分でもびっくりして、そのことを夫に伝えようとしても、声も言葉もでない。
自分でもなんで泣きそうなのかわからないし、しばらくして本当に泣いた。

「意味わかんねえよ」といって、夫は笑っていた。

自分の感情の変化を、一生懸命説明した。


3900円のぬいぐるみ一つ買って、こんなに多幸感に包まれるとおもわなかった。
ぬいぐるみ抱っこして泣いて歩いている42歳、街中なら白い目が突き刺さって流血しそうだが、夫が苦笑いしているだけでパークの中では何も気にならない。

 

結局、その日1日中ぬいぐるみを抱えていた。


どのアトラクションも膝の上に抱えて、ときどき息子に奪われながらも一緒に楽しんだ。
「この子にお洋服も買ってあげればよかったかな〜」という私の独り言に夫は「・・・一体だれに向かってはなしてるの?」とドン引きしていた。

 

 

二日たった今も、このお買い物体験は私の中に一生残るのではないか、というくらい心にずっしりときている。
後から調べたところ、そのキャラクターは「ステラ・ルー」という、2017年に誕生した新しいキャラクターだということを知った。

 

正直、私は買い物好きな性分と今の仕事があいまって、人よりも多くいろんなものを買っているほうだと思う。
それなのに、
それほど高価ではない今回のお買い物で、なぜ泣くほど感動したんだろうか、と考えた。

「自分で欲しいものを選ぶ」というごくシンプルで純粋な選択が、本当の意味でできる機会はそうそうなかったのかもしれない。
バッグでも枕でもなく、何の用途もなく、名前もしらないキャラクターのぬいぐるみを、「かわいい」という衝動のままに購入したのだ。

 

普段、仕事でネット販売講座に登壇した際には「お客様は、その商品を買った後の楽しい生活を想像してお買い物をする」という話をしている。
今回の体験は、自分が講座で話している事をそのまま体感しただけでなく、はるかに上回る幸福感につつまれた。
欲しいと思った気持ちのまま行動したら、とんでもない事態になってしまった。

 

ぬいぐるみを抱えて歩いたパーク内での幸せな時間のおかげで、しばらくは元気に過ごせそうな気がしている。

 

 

20回で楽になって100回で楽しくなった話

明日、5ヶ月ぶりにminneのアトリエ 世田谷で作家さん向けの勉強会(あらため、ネット販売初級講座)を開催します。

 

数十人に向けてのセミナーも、

今年は地方の自治体さまや企業さまからもたくさんお声がけいただきました。

出張多いですねえ、と労っていただくことも多く、本当にありがたい限りです。なんとか生きています。

 

大人数のセミナーも回数を重ねて、そろそろ20回くらい登壇したんじゃないかと思います。

少人数の勉強会と合わせると、100回はやっているはず。(今度ちゃんと数えます)

 

勉強会の講師を始めた時は、

もう初回開催の前は眠れないくらい緊張して、お話することもぜんぶ台本にして、

予定の進行通りにちゃんと話せるか、話したことが伝わるか、心配事まみれでした。

当時(2015年の夏頃)参加くださった作家さんにお会いするとしょっぱい恥ずかしさに包まれてしまいます・・・

 

勉強会を開催した日の夜は最低限の子供のお世話をしてソファに倒れこんでそのまま眠り、夜0時を回ってから「はっ!」ととびおきる、なんてことの繰り返しでした。

 

そんな緊張状態の日々も、開催回数が20回を超えたころに、突如負担を感じなくなります。

台本を見なくても、自分の考えを言葉に発するようにできるようになり、

とっさの質問にも冷静にお答えすることができるようになりました。

この頃から、勉強会の開催が楽しくなってきます。

(そして、楽しすぎて8名の自己紹介タイムに1時間も費やしてしまったり・・・反省)

 

勉強会も軌道に乗ったところで、2016年の6月からは数十人規模のセミナー登壇をさせていただくようになりました。

そうすると、

少人数勉強会でのコールアンドレスポンス的な進行から打ってかわり、

2時間の独演会のための資料作りから始めなければならず、

求められるセミナーにあわせたテーマ設定、スライドの作成、口頭で話すエピソードをいくつか用意して・・・と

事前準備の段階でも眠れない日々、開催前日から直前まで緊張感にまみれ、

セミナー中は時間通りにスライドを進行できるか、PCが突然フリーズしないか、

終わった後は「これでよかったのか」「時間の無駄と思われていないか」などなどネガティブ思考にまみれ・・・

周りの同僚は「とてもわかりやすかった!」と言ってくれても、同僚に向けてセミナーをしているわけではないので

ひねくれた感情でせっかくの暖かいフォローもすんなり受け入れられず。

 

そんなセミナー登壇も、求められる機会のたびに少しずつブラッシュアップを繰り返していくと、

不思議とだんだんと心の重荷も軽くなり、ついには勉強会で乗り越えた壁と同じく

セミナーが楽しくなる瞬間が、ついに、きました。

先週土曜日に登壇させていただいた世田谷区のらぷらすさんでのセミナーの時は「あれっなんか軽い。そして話しててたのしい」と感じ、

ホームグラウンドでの開催とはいえ、セミナーを明日に控えた今日なんて、明日どんな作家さんにお会いできるのか本当に楽しみで、

テンションがあがって半年ぶり?にブログも書けるくらい元気。

 

セミナー登壇20回目の壁を超え、勉強会とセミナー合わせるとたぶん100回を超えた今、気づいたことがあります。

最初は、不安で心配でプレッシャーがきつくて、楽しむ余裕などなく、終わってしばらくしてから参加者さんの感想を聞いて、ようやく「やってよかった」と思えていたのが、

今は、資料作成の目処がたてば安心できて、当日までは準備が滞りなく終われば、あとの時間は楽しみでしかない、という気持ちの変化です。

回数を重ねたことで、重たい仕事が楽しくなるタイミングとして「20回」で楽になり「100回」で楽しくなっている!

そういえば、運転免許の仮免後の路上教習も20時間くらいだった気がする!(調べたら19時間でした)

これは、「20」っていう数字が客観的にも目安として語られていたら、撮影の練習でもイベント出店でも

なんでもまずは目指す目標がたてやすくなるのでは・・・と思い、検索したらサクっと出てきた記事がこちらです。

 

「一人前になるには1万時間必要」は誤りだった! たった20時間で新たなスキルを身につけられる4つのコツ

http://logmi.jp/12933

 

ここまで書いたところで満足してしまっていいまとめの言葉がでてこないけれど、

明日の講座も楽しい時間にしたいと思います。

イベント出展とネット販売の相乗効果を産むためには

あやさんがこんなブログを書かれていて、とってもわかりやすく納得しまくりの内容でしたので、ご紹介させていただきます。

 

イベントで人気作家にお客様が集まる理由

ー ハンドメイドを趣味から仕事へ!あーやの仕事塾

 

そうなのよ〜!とうなづきながら、twitterにいろいろ書いてたら思ったよりも長くなっちゃったので、まとめの意味も込めて書き残したいと思います。

 

 

「自分でイベントにお客様を呼ぶ」について。

イベントというのは、開催すれば勝手にお客様が来てくれるなんてことはありません。

 

イベント主催側は、イベントを「塊」として考え、出展者募集以外の面でも、お客様が楽しめるコンテンツ(くじ引きとか、ライブをやってみたり、フードブースを充実させたり、キッズスペースを作ったり)を企画して加えて、様々な魅力がありますよ〜イベントに来たら楽しいよ〜とPR活動をします。(もちろん、出展者さまのフォローや細かいアプローチもかけていきますが)

 

作家側は、自分のファンのうち何人にブースに足を運んでいただけるか?が課題になります。

主催者側の集客と作家側の集客、この両方が充実してこそ、「たくさんのお客様が来てくれてよかったね!」が生まれるのです。

 

そういうわけで、

「人通りの多い場所にブースが当たるといいな」

という「賭け」のみに任せず、

「私目当てのお客様を○人呼ぶぞ〜!」

という、もっと具体的で実現可能な下準備をする必要があります。

 

1作家20人のお客様を呼べれば、ブース数50のイベントでも来場者数1000人になります。

20人呼ぶためには、どれだけ宣伝しなきゃいけないのか。って逆算してフライヤー、ブログ、SNSを活用するわけです。

 

20人というのはあくまでも例えなので、そのイベント出展を黒字にしたいなら、目標売上を立てて、平均購入単価で人数割して、購入人数を想定します。

目標売上8万円、平均単価4000円なら購入人数は20人。じゃあ、20人に買ってもらうには、ブースに何人呼べば達成できるか?

 20人呼んで、全員買ってくださるわけ、ないですよね。

そこで、来た方のうち、何割の方が買ってくださるか?を仮定します。

 

仮に、ブースに来た方の10%の方が購入してくれると仮定したら、200人の方に来てもらわなきゃならない。

8時間のイベントなら1時間あたりの接客人数が25人。

10分休憩を挟んだとしても、2分に1人新しいお客様を接客している計算です。

これを多いと感じるか少ないと感じるかで、計算式の数値を変えていくとよいと思います。

 

ブースのサイズやスタッフ数でキャパは変わるので、一度計算してみるといろいろ見えてきます。

ブースに立ち寄ってくださった方全員に名刺なりショップカードを配る!と決めたら、持っていく名刺の枚数も自然と想定できます。

 

 

そして、もう一つ、「くれぐれも無理をしないで欲しい」という点は前置きとしてご理解いただきたい、と思いつつも、

「イベント中にネット販売をおやすみする事」、これがなかなかの機会損失になります。

「イベント会場で作品を手にとって見てくださった方(結果、会場では買わなかった方)が、やっぱり欲しい!と思って買いに来てくれるかもしれない唯一の機会」を、気づかないうちに逃してしまうのが、イベント前後にネット販売をおやすみしているケースです。

 

せっかく手にしてもらった名刺を元にネット販売のページを開いても、販売をおやすみしていたら、「あーん、この作家さん、ネット販売休んでて残念・・・」という事になり、その事をお客様はわざわざ作家さまに指摘したりしないので、

なかなか機会損失に気づけない、という盲点でもあります。

 

少しずつ売上を上昇させたい、と思った時は、

こういうイベント時の踏ん張りというのは大切になってきます。

いつも書いているように、「ぜったいにやらなきゃいけない事」なんてありませんので、

もう一歩踏ん張りたい、と思った時にはぜひチャレンジいただけたら、と思っています。

 

 

 

いろいろと書きましたが、

下準備に下準備を重ねた結果を100%活かすために、当日のディスプレイのクオリティも重要だけれども、なにより作家さんが健康で元気であることが本当に大切なのです。

せっかく来てくださった方に「来てよかった!」と思っていただけるような楽しさとか。

だから前日なるべくしっかり睡眠をとっていただきたいところです。

 


↑昨年11月に鹿児島市の山形屋さんで開催した販売イベントの写真です。連日大盛況でした。

 

 

でも、どうしても良いものを持って行きたくて徹夜作業になるのもよくわかるのです。

4/28,29の minneのハンドメイドマーケット2017 の時は私は会場内をうろうろしているので、眠たくなったら声かけてくださいね。

すっぱい飴とかガムとかたくさん持ち歩きつつ、みなさまのブースを回りたいと思っています。