念願のキリム

多分最初に買ったキリムはカイセリのウールのニューキリム。ホットカーペットのカバーに、と思って当時すんでいたところの近くにあったキリム屋さんで5万円くらい出して清水から飛び降りるどころじゃない騒ぎで買った。

そもそもキリムにビビビと来たのは、2003年3月13日号のananインテリア特集に掲載されていたでチダコウイチ氏(今はfur furのクリエイティブディレクターをされているそうで)ののお部屋にあったキリムを見てから。
福岡の田舎ではそんなもの見た事も聞いたこともなく、なんだーーこれーーシャレオツー鼻血ーとか脳天を直撃され、以来、いつか私もキリムを部屋に置くんだ、キリムってどこで買えるのかしらんけどー と心に誓ったのでした。
その時のananは今でも宝物だし、それ以来インテリア特集の雑誌にすっかりハマり、古本屋で昔のananのインテリア特集のバックナンバーも買いあさり、今でも本屋さんで見つけるとつい買ってしまう、というかわらない10年を過ごしています。
その時のanan。今みてもしびれるぅ!
キリム anan インテリア特集
それ以来、
前述のカイセリに始まり、ウールと麻が混じったキリム、オールドキリムのクッションカバーを二つ&ギャッベキリムのクッションカバー・・・と数年かけて細々と収集。
結局ファーストキリムは商品知識が皆無の状態で買った為、結構ぼったくられてたんだと思う。
ここ数年は結婚したり出産したり、でキリムからは遠ざかっていましたが、
去る、2011年12月のクリスマス過ぎ、会社のお買い物友達に教えてもらったNovaromaさんというネットショップで衝撃的な一枚を見つけ、キリム熱が一瞬で再燃。
久々にすごおおおおおく良いお買い物ができました。
新しめのオールドキリム、天然染料をつかってしかもブルー系!(なんのこっちゃ、でしょうが、私にとっては事件
シャルクキョイ産、25年未満のオールド、約175 x 85cm
シャルクキョイ オールドキリム
届いたところを早速風通し中の図。
細いウールでしっかりと織られていて、薄手でしなやか、ちくちくしません。
昔買ったお店の方が教えてくださったのですが、
今のお手頃価格のキリムはほとんど化学染料をつかっていて、
科学染料で染められたブルーは退色しやすいらしく、
また、ブルーの天然染料はとても珍しく、オールドでもブルーがきれいに残っているものは珍しいそうです。
そんなわけであこがれだった&すごく好みなブルー系のキリム・・・!
リビングにどう飾ろうかと迷いに迷った結果、まずは目で楽しもう、ということでテレビの後ろにぶら下げることにしました。
遠くから見ても麗しいキリム様の図
キリム インテリア
キリムの卸問屋さんもショップさんもイチオシの商品だったそうで、ほんとに大満足です。
ながく使いたいな〜◎ そしてカメラの腕をなんとかしよう、ほんとに。。。
ほかのキリムについてもまた今度書きたいと思います。
天然石のオリエンタルリング(ジェイド/ローズクォーツ/アクアマリン)
こんなアクセサリーもかわいくてお安いです!
追記
似た感じの赤いキリムもまだありました!これもすっっっっっごくお得だと思います!

約25年〜キリム 約165x86(シャルクキョイ産)