20回で楽になって100回で楽しくなった話

明日、5ヶ月ぶりにminneのアトリエ 世田谷で作家さん向けの勉強会(あらため、ネット販売初級講座)を開催します。

 

数十人に向けてのセミナーも、

今年は地方の自治体さまや企業さまからもたくさんお声がけいただきました。

出張多いですねえ、と労っていただくことも多く、本当にありがたい限りです。なんとか生きています。

 

大人数のセミナーも回数を重ねて、そろそろ20回くらい登壇したんじゃないかと思います。

少人数の勉強会と合わせると、100回はやっているはず。(今度ちゃんと数えます)

 

勉強会の講師を始めた時は、

もう初回開催の前は眠れないくらい緊張して、お話することもぜんぶ台本にして、

予定の進行通りにちゃんと話せるか、話したことが伝わるか、心配事まみれでした。

当時(2015年の夏頃)参加くださった作家さんにお会いするとしょっぱい恥ずかしさに包まれてしまいます・・・

 

勉強会を開催した日の夜は最低限の子供のお世話をしてソファに倒れこんでそのまま眠り、夜0時を回ってから「はっ!」ととびおきる、なんてことの繰り返しでした。

 

そんな緊張状態の日々も、開催回数が20回を超えたころに、突如負担を感じなくなります。

台本を見なくても、自分の考えを言葉に発するようにできるようになり、

とっさの質問にも冷静にお答えすることができるようになりました。

この頃から、勉強会の開催が楽しくなってきます。

(そして、楽しすぎて8名の自己紹介タイムに1時間も費やしてしまったり・・・反省)

 

勉強会も軌道に乗ったところで、2016年の6月からは数十人規模のセミナー登壇をさせていただくようになりました。

そうすると、

少人数勉強会でのコールアンドレスポンス的な進行から打ってかわり、

2時間の独演会のための資料作りから始めなければならず、

求められるセミナーにあわせたテーマ設定、スライドの作成、口頭で話すエピソードをいくつか用意して・・・と

事前準備の段階でも眠れない日々、開催前日から直前まで緊張感にまみれ、

セミナー中は時間通りにスライドを進行できるか、PCが突然フリーズしないか、

終わった後は「これでよかったのか」「時間の無駄と思われていないか」などなどネガティブ思考にまみれ・・・

周りの同僚は「とてもわかりやすかった!」と言ってくれても、同僚に向けてセミナーをしているわけではないので

ひねくれた感情でせっかくの暖かいフォローもすんなり受け入れられず。

 

そんなセミナー登壇も、求められる機会のたびに少しずつブラッシュアップを繰り返していくと、

不思議とだんだんと心の重荷も軽くなり、ついには勉強会で乗り越えた壁と同じく

セミナーが楽しくなる瞬間が、ついに、きました。

先週土曜日に登壇させていただいた世田谷区のらぷらすさんでのセミナーの時は「あれっなんか軽い。そして話しててたのしい」と感じ、

ホームグラウンドでの開催とはいえ、セミナーを明日に控えた今日なんて、明日どんな作家さんにお会いできるのか本当に楽しみで、

テンションがあがって半年ぶり?にブログも書けるくらい元気。

 

セミナー登壇20回目の壁を超え、勉強会とセミナー合わせるとたぶん100回を超えた今、気づいたことがあります。

最初は、不安で心配でプレッシャーがきつくて、楽しむ余裕などなく、終わってしばらくしてから参加者さんの感想を聞いて、ようやく「やってよかった」と思えていたのが、

今は、資料作成の目処がたてば安心できて、当日までは準備が滞りなく終われば、あとの時間は楽しみでしかない、という気持ちの変化です。

回数を重ねたことで、重たい仕事が楽しくなるタイミングとして「20回」で楽になり「100回」で楽しくなっている!

そういえば、運転免許の仮免後の路上教習も20時間くらいだった気がする!(調べたら19時間でした)

これは、「20」っていう数字が客観的にも目安として語られていたら、撮影の練習でもイベント出店でも

なんでもまずは目指す目標がたてやすくなるのでは・・・と思い、検索したらサクっと出てきた記事がこちらです。

 

「一人前になるには1万時間必要」は誤りだった! たった20時間で新たなスキルを身につけられる4つのコツ

http://logmi.jp/12933

 

ここまで書いたところで満足してしまっていいまとめの言葉がでてこないけれど、

明日の講座も楽しい時間にしたいと思います。