作家活動の優先順位

作品販売の場としてインターネットを選択したとき、

制作活動以外の作業がいろいろと発生します。

 

よくある質問としては、

 

「SNSやったほうがいいですか?」

「名刺作った方がいいですか?」

「一眼レフ買ったほうがいいですか?」

 

といった具合で、

このあたりはみなさん悩まれているなあ、と感じています。

 

どの質問に対しても、やった方がいい人もいればそんなに必要でもない場合もあります。

名刺に関しては、現状の作家活動において、

「誰にも会わず、販売イベントにも出ず、ネット販売が主軸で、リピーターさんがいて、満足する売上利益をあげている」という状況だったら

宣伝しなくても作品が売れていく世界をつくれているので、名刺を渡す機会がない=作る必要ない となります。

 

 

「フォロワーが増えません」

「レビュー書いてもらえません」

「お気に入りはつくのに売れません」

というのも、ちょっとした工夫で改善できます。

 

作品を見た方がフォローしたくなるページづくり(twitterであれば発言内容)を心がけているか、

作品を手に取った方がレビューを書きたくなる仕掛けを意識したことがあるか、

お気に入りに関しては、購入者の立場で考えると「お気に入りしたから買わなきゃいけない」という世界ではないのでそもそも悩む方向がちょっとずれています。

 

大きくやり方を変えなきゃいけないのは、

「フォロワーは減る一方」

「レビューは星の数がいつも少ない」

「お気に入りがまったくつかない」

といった時です。

これはさすがに根本的な見直しが必要です。

 

地道な運用というのはとても地味なので、飽きてしまったり焦ってしまったりということもありますが、待つ力も実力のうちです。

「やったほうがいい事」は「やらなきゃいけない事」ではないので、その線引きについて自分自身で折り合いをつけられるといいな、と思っています。

 


 

minneに関する個別相談や写真撮影のアトリエ利用はご予約制です。詳細は世田谷・神戸各アトリエへお問い合わせください。

今週末は愛媛県松山市にて、minne作家向け勉強会一般向けセミナーを開催します。楽しみです!