問題を解く前に答え合わせは出来ません

minneの担当になって以来、1000名を超える作家さまにセミナーや勉強会、個別相談でお会いすることができました。

 

minneのアトリエには、様々なお悩みを抱えた作家さまが日々お越しになります。

 

 

「それぞれなので、これが正解っていう売り方はないです。」

 

というお話をよくさせていただくのですが、

1000人の作家さまがいれば1000通りの売り方があると思っています。

 

1000人の方々が、同じレベルで「売りたい!」と思っているわけでもありません。

家事や子育てを中心に、一週間のうち2時間だけ、自分の時間を使って作品制作に携わりたい、という方。

今の作家活動を基盤に、この先10年以上は生計をたてたい、という方。

 

作品を販売するにあたっての様々な壁に対する「正解」が転がっていることなんて残念ながら無いです。

まずは自分で問題を設定し、問題を解いていきましょう。

問題を解かないと、答え合わせもできません。

 

さらに、答え合わせは、自分の目標に達成できたかどうか、が全てです。

周囲からのアドバイスを「正解を教えてもらった」と誤解しないようにしたいところです。

 

minneのアトリエでは、問題の作り方、解くときの取り組み方について、日々作家さまと一緒に考えています。

「答えを出すのはご自身ですよ」といつもお話ししていますが、

もうちょっと具体的にこの事をお伝えしたいなあ、とおもって、今日のブログになりました。

 

 

かえってややこしくなったかもしれない。