価格設定と時間の壁

私は、便利な道具や家電はどんどん導入して、

あらゆる工程を一つでも減らして時間をつくりたい人です。

 

いつか買いたいと思っているものがいくつもあったとして、

それが「時間短縮」につながる物だったら、「今の私にはまだ贅沢」と思わずに、支払いできる範囲のものなら1日も早く購入してその後発生する浮いた時間をお金に換える活動に邁進したほうがいろいろと良いのでは、と思っています。

 

洗濯乾燥機、食洗機、ルンバは導入済みなので、

次はブラーバか、IoTの何かかなあ。

今日は、噂になっていたバルミューダの炊飯器の価格やスペックが発表されていました。

保温機能が付いていないとのことで、思い切った仕様だな〜と思いましたが、

炊きたての美味しい状態で食べきってほしい、という想いも込められてそうですし、

私自身実家の炊飯器は何も機能が付いてないガス釜だったので、

美味しく炊けるなら問題なさそうな気がします。

炊けた後、たぶん2時間くらいは温かいですし(釜の形状にもよると思うけども)。

 

 

時間とお金の使い方に関しては、

人によって価値観がとっても違うところですが、

ハンドメイド作家さまが、自分の作品の価格設定が難しい!と壁に当たってしまうのは

この価値観を誰に対して共有したいか?という点が絞りきれていないケースがあるな、と感じています。

 

「洗濯物は干せば乾くので、電気代を使って乾燥機を使う必要は無いし、洗濯物を干すのが好きだ」という方にとっては、

洗濯乾燥機は不要ですし、世の中の全員がこの価値観で共通していたら、洗濯乾燥機は生まれなかったと思うのです。

 

今、それなりに高価な洗濯乾燥機が、売れていないわけではない。

「その金額を払ってでも欲しい」と思う人が、確実に購入しているのです。

 

いざ、自分がつくった作品の価格設定になると、

とたんに弱気になってしまう方が少なくありません。

その弱気な気持ちというのは価格になって現れてしまいますので、

その価格を見た「欲しいもの」を探している人にとっては、

「まだ初心者さんなのかな」とか「安い素材を使っているのかな」とか、作り手の想いとは関係無いところに意識が向くことがあります。

 

「安くて良いものを世の中に送り出す」ことは、もちろん素晴らしい活動です。

ただ、世の中に存在している「安くて良いもの」は、工夫を重ねた製造工程や組織運営があった上で成り立っている価格ですので、

「安くて良いもの」路線に進むのであれば、制作以外の面での努力がいっそう必要になりますし、それにあったブランディングを考えることになるでしょう。

 

作品を購入してもらうには、「欲している人に見つけてもらえる活動をすること」が必要です。

「欲している人」から対価をいただくことに罪悪感を感じないでほしいな、と日々思っています。

時間とお金の価値は、何度でも考え直すことができます。

 

 


発売されてすぐ、Amazon Dash Button を買いました。

我が家はh&sのシャンプーコンディショナーを愛用しているので、

「このボタンのメリットを最大限活かすには、シャンプー用とコンディショナー用の二つのボタンが必要だよね!」と夫と話して即購入。

ボタンが到着したあとで、早速使いたくて、でも念のため買い置きの在庫をチェックすると、

詰め替えパックがシャンプーもコンディショナーも複数あり(しかも一部は6回分のジャンボパック・・・)、

ボタンの出番はこの先1年はなさそう、という残念な状況です・・・

ショックすぎて今日まで誰にも言えなかったYO。