カステヘルミの限定カラー「サンド」を買った

 帰宅するなり息子がトーマスの絵を描け描けと大騒ぎするので、かなり投げやりな感じでツラツラと描いてヘトヘトです。
息子は「いっぱいよ〜」とご機嫌でした。何体描かせるんだぁぁ

IMG_3718.JPG


そんなことより、
前々から気になりつつも手をだしていなかったiittalaのカステヘルミというガラスのつぶつぶ模様のシリーズがありまして、一月末に限定カラー「サンド」が出るとあちこちのブログやらサイトやらショップやらで話題になっておりました。

この「サンド」ですが、調べたところ北欧最大級のデパートSTOCKMANN(ストックマン)と日本の代理店の別注品らしく、日本への入荷が一回のみで、これを逃したらいつ買えるかわかんないよ〜って脅し文句が踊ってまして、グレーとか赤より手に入りにくくなるよ、とか、そんなにいろいろ言われたらドキドキするじゃないですか。
おまけに、1月27日に一斉発売されたのですが、2日くらいであっという間にあっちのネットショップもこっちのネットショップもどんどん売り切れて、汗が滝のように出て来て、勢いづいてボウルとプレートを二つずつ無事購入。

IMG_3722.JPG


ツブツブキラキラで想像してたよりもすごくよかった・・・!
何入れようかな〜 ケーキとか、アイスとか、いちごとか・・!
そして、今日はデジタル一眼を夫が借りてきてくれまして、いつもより多めに背景がボケております・・!カメラも欲しいぃぃ


そんなわけで売り切れ続出なサンドですが、どうやら一度に発注分がすべて納品されなかったお店がポツポツあるらしく、ボウルはまだ手に入るところがありましたよ!





あと、吉祥寺のFreeDesignさんは実店舗で2/11に入荷があるそうです。


サンドがとてもよかったので赤もグレーもほしくなるなあ。




コーヒー器具ジプシーがたどりついたエアロプレスでいれたコーヒーが美味しい

コーヒーが好きで割といろんな器具を買っては試し、を繰り返して数年・・・
飲んだ時にガツン!とくるような苦めでコクのあるコーヒーをなんとか自宅でのめないかと道具の力をかりまくり、去年ようやく理想の道具にたどり着くことができました。


最初につかっていたのは、一つ穴のドリッパー。
二つ穴に比べるとムラなく抽出できてよいですよ、とうたわれていました。
しかしこれはサイズのあうポットがなかなか見つからず、
ポットの上とかマグの上にドリッパーを乗せても安定感がいまいち。
何度ドリッパーをひっくり返してコーヒー粉をばらまいたことか・・
結局、どーにも使いにくくてお蔵入り・・・。

どーにか使いやすいものが無いか探しまくって、見つけたのが、IWAKIのドリッパーとポットが一体になっているやつ。
洗いやすいしひっくり返す心配もないし!


GOODデザイン賞も2004年に受賞しているそうで。いまでも時々使っています。


しかし、元々濃いコーヒーが好きなのに、
技術力もない私にハンドドリップで美味しく安定したコーヒーをいれることができるはずもなく。
もっと濃いコーヒーが飲みたいー!と思い、フレンチプレスを買う事に。
一度に4杯くらいいれられる器具をデパートで探し、保温性が高いとうたっていたHARIOの二重ガラスのタイプを購入。
粉っぽさもさほど残らず、安い豆でも美味しくいれられて結構長い間愛用しました。

しかし、
残念なことに不注意から割ってしまい、、、同じ型を購入しようとした時はすでに廃番。(2杯はいるやつはいまだ健在でした。
なくなく別メーカーに移行、ということで
有名なBのつくメーカーを購入しましたが、どうもフィルターの目がHARIOより荒いみたいで、粉っぽさの残り方が気にいらなくて(ちゃんと豆を用意できてないせいでもありますが・・)、数回使ってお蔵入りになってしまいました。。。

もうフレンチプレスはだめだ、みんなが良いっていってるBが駄目ならほかはもう買う勇気がでないよ・・・もうこれからは楽に生きていく。毎朝コーヒーいれるの割と時間かかるし。
ということで、
次に購入したのはコーヒーメーカー。


コーヒーメーカーは
・1リットル一度に抽出できる
・電気保温じゃなくて魔法瓶タイプ
・勝手にスイッチが切れる
を条件に、THERMOSの真空断熱ポット コーヒーメーカーを買いました。

ece1000_sbk_l.jpg

今の最新型番はECE-1001のようです。
(ECE-1001はメッシュフィルターがついてるのでペーパーフィルター不要。うらやましい・・・)
これはとてもよかった!
ステンレス魔法瓶はコーヒーが煮詰まらないし、6時間くらいはあたたかいのでとても重宝しています。
ポットの口が大きいので、氷が入るのでアイスコーヒーも作れます。
人が集まる時は特に大活躍。今もほぼ毎日愛用中。
手軽さを求めたので味はそれなり。



とはいえ、やはり濃いコーヒーがのみたい・・
そんなに喫茶店とかカフェとかいく時間もないし。

という時にネットで見つけて飛びついたのが、エアロプレスというアメリカ製の器具。


プラスチックでできているくせに4000円くらいするのでちょっと躊躇しますが、見た目以上に働いてくれます。濃いコーヒーが好きな方にはほんとにおすすめ。


我が家のエアロプレス
20120122_003838.jpg


使い方は、
粉をセットして、お湯を注ぎ、ささっとかき混ぜて、プラスチックのパーツでぎゅぎゅぎゅーーーーっと上から押さえ込んで、終わり。フレンチプレスみたいにお湯をそそいで数分待ったりすることなく、飲みたい時にすぐ濃いコーヒーがいれられる神アイテム。
↓このコーヒー屋さんに詳しい使い方が載ってます。私はこちらで購入しました。

コーヒーのかすを捨てる時もエスプレッソを入れたあとみたいにポン!と捨てられるので後片付けもらくちんだし(以前フレンチプレスを使っていたときは、それはそれは片付けが面倒だった・・)誰がいれても美味しいし最高なんですが、間違ってパーツを一つコーヒーかすと一緒に生ゴミで捨ててしまったようで、しばらく使えない状態に・・・
しかし先日、捨ててしまったパーツのみを販売しているところを発見し、ようやく復活!

捨ててしまって買い直したパーツ「チャンバーキャップ」 こちらで購入。送料かかったけど仕方ない。それでもいい。
DSC_0983.JPG


ちょっと前に新宿のBEAMSにも売ってあるのを見かけたり、
少しずつ認知されてきているのでしょうか??こんなに便利で誰が使っても
上手に入れられるなんてサイコーだと思うのですよ。

もっと普及したらいいのにな〜そしてお安くなってほしいです。




エアロプレス・送料無料・簡単・美味しいコーヒー抽出器具



【カリタ】電動コーヒーミル CM-51 (ホワイト) 


ミルは電動です。あちこちのコーヒー屋さんのサイトでオススメされていたのでコレ。



FxCam_1327152061672.jpg


野田琺瑯 月兎印のポットとアラビア・ヘルヤの月と兎のマグを並べて自己満足。



念願のキリム

多分最初に買ったキリムはカイセリのウールのニューキリム。ホットカーペットのカバーに、と思って当時すんでいたところの近くにあったキリム屋さんで5万円くらい出して清水から飛び降りるどころじゃない騒ぎで買った。

そもそもキリムにビビビと来たのは、2003年3月13日号のananインテリア特集に掲載されていたでチダコウイチ氏(今はfur furのクリエイティブディレクターをされているそうで)ののお部屋にあったキリムを見てから。
福岡の田舎ではそんなもの見た事も聞いたこともなく、なんだーーこれーーシャレオツー鼻血ーとか脳天を直撃され、以来、いつか私もキリムを部屋に置くんだ、キリムってどこで買えるのかしらんけどー と心に誓ったのでした。
その時のananは今でも宝物だし、それ以来インテリア特集の雑誌にすっかりハマり、古本屋で昔のananのインテリア特集のバックナンバーも買いあさり、今でも本屋さんで見つけるとつい買ってしまう、というかわらない10年を過ごしています。
その時のanan。今みてもしびれるぅ!
キリム anan インテリア特集
それ以来、
前述のカイセリに始まり、ウールと麻が混じったキリム、オールドキリムのクッションカバーを二つ&ギャッベキリムのクッションカバー・・・と数年かけて細々と収集。
結局ファーストキリムは商品知識が皆無の状態で買った為、結構ぼったくられてたんだと思う。
ここ数年は結婚したり出産したり、でキリムからは遠ざかっていましたが、
去る、2011年12月のクリスマス過ぎ、会社のお買い物友達に教えてもらったNovaromaさんというネットショップで衝撃的な一枚を見つけ、キリム熱が一瞬で再燃。
久々にすごおおおおおく良いお買い物ができました。
新しめのオールドキリム、天然染料をつかってしかもブルー系!(なんのこっちゃ、でしょうが、私にとっては事件
シャルクキョイ産、25年未満のオールド、約175 x 85cm
シャルクキョイ オールドキリム
届いたところを早速風通し中の図。
細いウールでしっかりと織られていて、薄手でしなやか、ちくちくしません。
昔買ったお店の方が教えてくださったのですが、
今のお手頃価格のキリムはほとんど化学染料をつかっていて、
科学染料で染められたブルーは退色しやすいらしく、
また、ブルーの天然染料はとても珍しく、オールドでもブルーがきれいに残っているものは珍しいそうです。
そんなわけであこがれだった&すごく好みなブルー系のキリム・・・!
リビングにどう飾ろうかと迷いに迷った結果、まずは目で楽しもう、ということでテレビの後ろにぶら下げることにしました。
遠くから見ても麗しいキリム様の図
キリム インテリア
キリムの卸問屋さんもショップさんもイチオシの商品だったそうで、ほんとに大満足です。
ながく使いたいな〜◎ そしてカメラの腕をなんとかしよう、ほんとに。。。
ほかのキリムについてもまた今度書きたいと思います。
天然石のオリエンタルリング(ジェイド/ローズクォーツ/アクアマリン)
こんなアクセサリーもかわいくてお安いです!
追記
似た感じの赤いキリムもまだありました!これもすっっっっっごくお得だと思います!

約25年〜キリム 約165x86(シャルクキョイ産)

1